オープン当初と現在を比較 Vol.3 ばんらい屋

昔と今ばんらい屋

記事を書くことにしたキッカケ

タイトルを見ると何となく想像出来るかもしれませんが、ふと最近思ったのが「自分が良く行くお店のオープン当初と現在はどのくらい変わっているのだろう?」と言うこと。2011年からブログを書いており、それなりに記事もあるので一度良く行くお店について調べてみようと思い書いてみることにしました。

写真も昔のもの(2013年から2015年くらい)は画像も小さめだったので、その他処理も少し施して現在と比べてみようと思います。ではVol.1として書いてみるのは現在一番訪問回数が多いこちらのお店です。

 

ばんらい屋のオープン日は?

2013年12月15日に、以前は「まる福らーめん」が営業されていた場所にてオープンされました。

※2013年12月オープン時の外観

これが現在ではこんな感じに変わっています。

※ちょうど5年後くらいの2018年12月14日撮影

暖簾も外観を変えられる少し前に変更されました。

 

メニューの変化は?

メニューに関してもオープン時と変更が入っており、比較してみます。

オープン時のメニュー構成

・醤油ラーメン
・味噌ラーメン
・それぞれチャーシューあり
・焼き豚セット
・餃子セット
・鶏唐揚セット

 
当初はこんな感じで非常にシンプルでしたが、これが現在ではこんな風に変更されています。

2019年2月18日時点のメニュー構成

・醤油ラーメン
・味噌ラーメン
・塩ラーメン
・生姜ラーメン
・肉増し
・ネギ増し
・焼豚セット
・唐揚セット
・まかないチャーシュー丼
・スタミナ丼
・持ち帰りラーメン

 
ラーメンは塩と生姜が追加。セットでは餃子が無くなりましたが、現在ではまかない丼やスタミナ丼も提供されています。持ち帰りラーメン(チャーシューも)されており、以前は塩も可能でしたが現在では醤油と味噌が可能となっています。

 

ラーメンはどんな感じに変わった?

醤油ラーメンの当初と現在の比較です。

オープン時の醤油ラーメン

オープン時の醤油ラーメンです。丼も醤油は赤、味噌は青という形での提供でした。この醤油ラーメンはオープン2日目に提供されたものです。

しかし現在の醤油ラーメンはこんな形に。

2018年12月14日時点の醤油ラーメン(並)

丼は良く見かける定番のものに変更されています。以前よりチャーシューやネギの量はそれほど変わっていないですが、スープの色は当初よりも黒い印象。塩気がそれほど強く無いのは変わっていません。

 

サイドの唐揚げの変化は?

サイドとして餃子は現在ありませんが、唐揚げはあるので比較。

オープン時の唐揚げ

オープン2日目だったので、確かサービスで頂いたものだったと記憶しています。少し身の部分は少なめの印象でしょうか

この唐揚げも現在ではこんな形に。

2018年5月12日時点の唐揚げ

個数こそ3個と同じですが、サイズもかなり大きくなり食べ応えも十分。キャベツやマヨネーズが添えられているのは以前から変わりません。

 

ウリの”肉増し”は大きく変化

現在こちらのウリである”肉増し”は大きく変化しています。

2014年2月1日時点での肉増し

以前の”肉増し”も多いと思いますが、現在の肉増しは量的にはかなり増加しています。

現在の肉増しはこんな形。

2018年10月12日時点の肉増し

唐辛子が振りかけられているのは「レッド」でお願いしたからで(レッドで頼むと唐辛子をタップリかけて貰えます)、通常はかかっていません。肉の量も数倍に増えてインパクトはかなりあります。ラーメンが並サイズでこれだけあるので、大だとかなりの食べ応え。安易に頼むと後悔するかもしれません(笑)しかし、肉をガッツリ食べたい!と思ったら、肉増しで注文するのが良いかと。

 

オープンして5年と3ヶ月(記事公開時点)

オープンして早いもので5年と3ヶ月が経ちました(記事記載時点)。現在のこちらのウリはやはり「肉増し」。私自身も以前はそこそこ食べていたのですが、歳を取って来るとやはり食べられるか心配になります(今のところ並なら食べられていますが)。そのため、最近はオープン当初は無かった「ネギ増し」にハマっている今日この頃。シャキシャキした食感で風味も強すぎないネギはかなり好みで醤油スープとも良く合います。ただこちらでは大将のこだわりで”ネギ抜き”はされていませんのでご注意下さい

 
最後にもう少しお店について知りたい方は下記を参考にして下さい。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

昔と今ばんらい屋

Posted by masa