2年ぶりに食べたらスパイス無くなってた。でも3種類の食感が楽しめる、すき家の『にんにく食べラー・メンマ牛丼』

2022年11月26日すき家,和食牛丼,すき家南草津,食べラーメンマ牛丼

Place & Number

滋賀県草津市

2022年和食89軒目(今年12回目 通算18回目)

この日は休日。昼は一人だったので、すき家にちょっと早めの昼飯を買うために向かいました。先週に新たなメニューを販売開始されていたので、まずはテイクアウト注文用のタブレットでモノがあるのか確認。

もちろん問題無く提供されていたので、今回は「にんにく食べラー・メンマ牛丼」を大盛で注文。家に持ち帰って早速頂きました。

 

2019年から毎年販売

2022年11月16日より提供が始まったこの商品は2019年より毎年期間限定で販売されています。私自身は昨年は食べなかったのですが、2年前の2020年は食べています。その時の記事はこちら。

当時の食べラー・メンマ牛丼には後がけの”麻辣スパイス”が付属されており、このスパイスが非常に存在感が強く、食べるラー油ですら霞んでしまうくらいだった記憶も。昨年はどうだったのか覚えていないですが、あまりにも存在感があるためか、今年はスパイスの付属はありません。

では今年は2年前と違い、この日は休日なんでにんにくも追加。にんにくは別容器での提供となるので、これを載せて完成です。

にんにく食べラー・メンマ牛丼(大盛)

基本的に通常の牛丼大盛にメンマ、食べるラー油、ネギ、フライドにんにくを載せた形ですね。今回は特盛やメガ盛では無く大盛にしていますが、現在は可能な限り食べる量を抑えてみようと思っての選択です(笑)

 

3種類の食感が楽しめる

すき家の公式HPにはメンマのシャキシャキ感、食べるラー油のザクザクと記載があり、それにフライドにんにくのホクホク感と3種類の食感が楽しめます。食べるラー油の辛味はそれほど強く無く、個人的にはザクザク感にも思えますが、ガリガリ感でも良いかも。

 
牛丼なんでもちろん牛肉もあります。この牛肉の味付けとメンマ、食べるラー油、フライドにんにくとの相性は抜群。やっぱり特盛くらいにしたかったかな(笑)

 
今回は2022年11月16日より発売となった「にんにく食べラー・メンマ牛丼」を食べてみました。

メンマのシャキシャキ感、食べるラー油のザクザク(ガリガリ)感、そしてトッピングのフライドにんにくのホクホク感と3種類の食感が楽しめ、さらにフライドにんにくや食べるラー油の風味は牛肉との相性も抜群

基本的に牛丼はプレーン(生卵をかけるくらいはしますが)で食べるのが好みの私も、これは好きな期間限定のひとつですね。ただ2年前には付属していた”麻辣スパイス”が無くなってしまったのは少し残念な気も。ちょっと刺激が強く存在感があり過ぎたので、現在は不採用となってしまったのかな。。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

今回のお気に入り度:3.5

※これらの情報は記載時点のものです。

住所滋賀県草津市野路6-8-22
電話 
営業時間24時間営業
定休日無休
Webサイトhttps://www.sukiya.jp/